株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は反発、イベント前に様子見、IPOギークスの初値は2900円  3月20日15時41分

 20日のマザーズ指数は反発となった。本日のマザーズ市場は、朝方は前日終値水準でのスタートとなり、その後は14日につけた950ptまでの戻りを窺う場面もあった。しかし、明日の国内市場休場や米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を前に様子見ムードも根強く、個人投資家による積極的な上値追いの動きは限られた。一方で、直近IPOやバイオ関連の一角への個別物色はみられた。なお、売買代金は概算で1447.01億円。騰落数は、値上がり132銘柄、値下がり136銘柄、変わらず8銘柄となった。
 値上がり率上位には、バリューゴルフ<3931>、ASJ<2351>、CRI・ミドルウェア<3698>
などが並んだ。売買代金上位では、そーせい<4565>、窪田製薬HD<4596>、カオナビ<4435>、リックソフト<4429>、リンクバル<6046>が上昇。一方で、オンコリス<4588>、UUUM<3990>、リンク<4428>などは下落。
 なお、本日マザーズ市場に新規上場したギークス<7060>の初値は公開価格を50.3%上回る2900円となり、その後3400円まで上昇した。


<SK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »