株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

C&GSYS Research Memo(6):既存事業の拡張、ASEAN強化、「AIQ」の拡充で成長図る  3月22日15時06分

■中長期の成長戦略

C&Gシステムズ<6633>の業績はリーマン・ショックにより急速に悪化し、2009年12月期には大幅な損失を計上した。その後、合併により2010年に現在のC&Gシステムズが誕生し、業績は回復に向かい2014年12月期にようやくリーマン・ショック前の水準まで戻った。この状況において同社は、「2010年から2014年までの5年間は『回復過程』であったが、今後は『成長の過程』に入っていく。その成長を達成するために2015年から2020年までは以下のような中長期事業方針を遂行していく」と述べている。

また、この中長期事業方針の数値目標として、「2015年12月期から2020年12月期の売上高年平均成長率5%」、「2020年12月期の経常利益率20%以上」、「2020年12月期のROE15%以上」を掲げている。

● 基本成長戦略の骨子
中長期事業方針では、基本成長戦略として

現有市場(=金型市場)での既存事業(CAD/CAMシステム)を中核に、
・技術の深耕:IoT分野等への市場拡大
・販売領域の拡大:量産市場、金型内製市場、アジアを主としたグローバル展開
・新規事業の創出:OEM、AM(Additive Manufacturing=積層造形)他、新規開拓

という3つの方向性を持って展開している。

基本成長戦略に沿って具体的に推し進めているプロジェクトのうち、現時点で具体的かつ優先的な戦略としては、「既存事業の維持拡張」、「ASEAN強化および海外向け製品開発」、「AIQの拡充」となる。

【既存事業の維持拡張】
同社の中核となる既存事業については、魅力ある製品、満足度の高い技術サポートの提供により新規販売及び既存ユーザーの買い替え需要を喚起する。また現有事業の守備範囲をさらに強化するため、まず営業展開については、国内および海外の日系企業を中心に今後もシェアを拡大していくとともに、保守契約による安定収益を確保していく。また開発体制強化としては、主力製品のリニューアルを実施し、内部構造を刷新するとともに、操作性改良による製品競争力向上、カスタマイズしやすさ向上などを追求していく。

【ASEAN強化および海外向け製品開発】
海外展開では、タイ子会社をASEAN圏の販売サポート中核拠点と位置づけ、新規ローカル代理店の開拓を進めているが、当面はASEAN(主にベトナム、フィリピン)で新規代理店を開拓する。さらに今後はインドでの展開も進める。また海外向け製品としては、熟練工不在でも運用が可能で、さらに現地代理店が容易に販売できる「CAM-TOOL ES」を投入する。「ES」とは「イージー アンド スマート」の略で、自動化ニーズに対応した「簡単オペレーション&加工スキルの平準化」を目的としたシステムとなっている。これにより人件費高騰で技術者の確保が難しいアジア圏での販売増を目指す。

【「AIQ」の拡充】
以前よりIoT関連事業として紹介してきた金型・部品製造向け工程管理システム「AIQ(アイク)」を、新たな収益の柱として製品強化していく。紙ベースで行っていた製造工程管理を、デジタル化するニーズは強かった。同社の「AIQ(アイク)」は、そういった要望に応えるべくIoTを活用して各種データや工程状況をデジタルデータ化してシステム上で活用するものだ。製造業におけるIoT活用が注目される中、「AIQ(アイク)」は金型・部品製造の工程管理をスマート化する同社独自のソリューションとして注目されている。同社ではさらなる顧客満足のために、今後は工程管理から生産管理システムへと発展させ、金型製造業以外にも市場を拡大していく計画だ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)



<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »