株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

NY債券:堅調、長短期利回り逆転で米景気後退への懸念  3月23日09時01分


22日の米国長期債相場は堅調。長短期の債券利回り逆転を受けて、米国経済が12カ月以内に景気後退に陥るとの懸念が強まった。ドイツの10年債利回りは2016年来初めてマイナスとなり、日本国債の10年物の利回りも2016年来の低水準。米国債の利回りも連れて低下しており、3カ月物と10年債の利回り格差が2007年以来で初めて10を下回り、景気後退への警戒感も強まりつつある。

2年債利回りは2.32%(前日比:-9bp)、10年債利回りは2.44%(同比:-10bp)、30年債利回りは2.87%(同比:-10bp)で取引を終えた。



<TN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »