株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

フォーカスが後場急騰、筑波大と共同で「三次電池」の実装を目指した基礎研究を開始  3月26日14時15分

 フォーカスシステムズ<4662.T>が後場急騰し一時、前日比134円(14.3%)高の1069円に買われている。午後2時ごろ、筑波大学と温度差による発電機能を搭載した電池を「三次電池」と命名し、その実装を目指した基礎研究を共同で開始したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 「3次電池」は身近に存在する「温度変化(28度~50度)」を利用した新たな電池型の発電機構で、従来の使い捨て電池や充電池の「交換」「廃棄」といった既存の問題を解決することができる技術。同社では、三次電池の実装が実現すれば、今後ますます増加するIoT機器やその他の小型電子機器にも利用することで「電池交換を極小化した環境にやさしい低コストIoTシステム」の開発が可能になるとしており、関心が高まっているようだ。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」3位にマネパG
◎午後2時現在の値上がり値下がり銘柄数
ジャムコが急落、旅客機用シート製造工程に不正の疑いで国交省が立ち入り検査


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »