株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は反落、配当落ちも後場下げ渋り  3月27日15時41分

日経平均は反落。26日の米国市場でNYダウは続伸し、140ドル高となった。本日の東京市場は3月期末の権利落ち日で、日経平均の配当落ち分は171円程度とみられていたが、米株高を好感した買いや配当再投資に絡んだ買いが入り74円安からスタート。その後は戻り待ちの売りに押され下げ幅を広げ、前引けにかけて21242.52円
(前日比185.87円安)まで下落する場面があった。ただ、後場に入ると中国株高や日銀による上場投資信託(ETF)買い入れ観測が支えとなり下げ渋った。

大引けの日経平均は前日比49.66円安の21378.73円となった。東証1部の売買高は13億1128万株、売買代金は2兆3799億円だった。業種別では、その他金融業、卸売業、銀行業が下落率上位だった。一方、サービス業、鉱業、電気機器が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の59%、対して値上がり銘柄は37%となった。

個別では、任天堂<7974>、エーザイ<4523>などがさえない。ソニー<6758>や東エレク<8035>は小安い。配当権利落ちの影響からトヨタ自<7203>、日産自<7201>といった自動車株や三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>といった金融株の軟調ぶりが目立ったが、金融株では米利下げへの警戒感も広がったようだ。また、業績下方修正のアルコニックス<3036>が急反落し、スズデン<7480>などとともに東証1部下落率上位に顔を出した。一方、日経平均寄与度の大きいソフトバンクG<9984>やファーストリテ<9983>は小高い。キーエンス<6861>は2%超高と堅調ぶりが目立った。レーティング引き上げ観測の日本電産<6594>は3%高。ガンホー<3765>はゲームの好調を受けて活況を見せた。また、東京機<6335>などが東証1部上昇率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »