株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

インターライフ反落、遊戯業界の需要低迷長期化で19年2月期業績は計画下振れ  3月27日12時39分

 インターライフホールディングス<1418.T>が反落している。26日の取引終了後、集計中の19年2月期連結業績について、売上高が215億円から193億8700万円(前期比6.5%減)へ、営業利益が2億円から1億8500万円(同62.3%増)へ、最終損益が4000万円の黒字から6900万円の赤字(前期2億3100万円の赤字)へ下振れて着地したようだと発表しており、これが嫌気されている。

 遊技業界の需要低迷が長期化し、店舗改装工事などの延期や中止が業績の足を引っ張ったことに加えて、携帯販売の苦戦や人材派遣事業の伸び悩みが売上高・利益を押し下げた。また、子会社ジーエスケーにおいて、のれんの減損損失計上を余儀なくされたことも最終損益を悪化させた。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
参天薬は続伸、自社株750万株を29日付で消却へ
債券:先物、後場始値は前営業日比6銭高の153円01銭
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比でやや強含む


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »