株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

プリントネットがS安、売上原価増で19年10月期営業利益予想を下方修正  4月01日09時44分

 プリントネット<7805.T>がストップ安の676円に売られている。3月29日の取引終了後、19年10月期の単独業績予想について、営業利益を4億2000万円から9300万円(前期比88.0%減)へ、純利益を2億6400万円から6600万円(同86.9%減)へ下方修正したことが嫌気されている。

 民事再生手続き中のウイズプリンティングが運営する印刷・製本事業を譲受することや、印刷用紙の流通量の減少により資材を確保できない外注先からの需要が増加したため、売上高は86億9600万円から92億2600万円(前期比24.9%増)へ上方修正した。ただ、印刷用紙などの材料費の上昇や、工場のマネジメントに起因する一時的な生産性の低下に伴う外注の増加による売上原価の増加が利益を圧迫した。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
霞ヶ関キャピタルがストップ安ウリ気配、第2四半期業績予想の赤字を嫌気
朝日ネットは一気に上場来高値更新、IoTやM2M市場の急成長で業績飛躍期
AppBは大幅続落、東証が1日から日々公表銘柄に指定


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »