株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京製綱<5981>のフィスコ二期業績予想  4月07日09時54分

※この業績予想は2019年3月23日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

東京製綱<5981>

3ヶ月後
予想株価
1,000円

クレーンなどに使うワイヤロープが主力。タイヤ用スチールコードも。炭素繊維ケーブルと防災製品を軸に海外展開強化。国内は設備を最新型に更新し、省人化図る。19.3期は中国で太陽光向けウェハ切断用ワイヤが失速。

20.3期は太陽光向けウェハ切断用ワイヤの回復鈍い。だがタイヤ用スチールコード復調。海外の炭素繊維ケーブルや防災製品も伸びる。償却費増こなし、利益反発へ。災害特損消滅。株価は妥当な水準と見て横ばいを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/65,000/1,300/1,300/500/31.01/40.00
20.3連/F予/67,500/2,000/2,000/1,200/74.43/40.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/03/23
執筆者:JK


<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »