株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日水など水産株が堅調、全般利食いで値を消すなかディフェンシブの強み発揮◇  4月08日09時53分

 日本水産<1332.T>、マルハニチロ<1333.T>など水産株が堅調、業種別値上がり率でも上位に食い込んでいる。きょうは寄り付きに日経平均は高く始まったものの、買い一巡後は主力株中心に戻り売りに押され値を消す展開を強いられている。そのなか水産株は、ディフェンシブセクターとして相対的な強みをみせている。サバ缶の売れ行きが好調を極めており、近年はツナ缶を上回るシェアをみせ、これが株価を押し上げる材料として意識されている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
シュッピンは3日続伸、3月月次売上高8.3%増で前月の伸び率から拡大
マルマエは小動き、日証金が8日から貸借取引で申し込み停止措置実施
ユビテックが大幅高で4連騰、売買高は開始30分で100万株超◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »