株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

目先的に米長期金利は下げ渋りか  4月09日15時00分

 8日のニューヨーク市場では原油先物が一段高となった。リビアにおける内戦拡大が懸念されていることや、米国経済の悪化に対する警戒感はやや低下していることなどが材料視されたようだ。また、米長期金利はやや強い動きを見せた。3月の米雇用統計発表後に年内利下げ観測はやや後退したもようだが、今週は総額780億ドルの国債入札やサウジの国営石油会社サウジアラムコの起債が控えていることも長期金利の上昇につながったようだ。

 市場関係者によると、サウジアラムコ債は応募額が600億ドルを超えており、起債額は100億ドル超になるとみられている。外国人投資家の動向は十分把握されていないようだが、一定規模の需要はあるとみられており、原油高とともに短期的なドル・円相場に対する支援材料になるとみられている。1ドル=112円突破でドル一段高の展開も予想されているようだ。


<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »