株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は5日ぶり反落、そーせい一時急落で連れ安の流れ  4月11日15時33分

 11日のマザーズ指数は5日ぶり反落となった。朝方の円相場は1ドル=111円を割り込む場面もみられたが、前日の米国市場で主要3指数が揃って上昇となるなかで、マザーズ指数は前日終値水準での横ばいスタートとなった。その後、指数インパクトの大きいそーせい<4565>が前場中ごろにかけて急落を見せると、それにつられたマザーズ指数は下げ幅を拡大させる場面もあった。しかし市場では、本日のそーせい急落に関して「誤入力」との指摘もみられ、その後のマザーズ指数は下げ渋った。ただ、東証1部のファーストリテ<9983>や安川電機<6506>の主力企業の決算発表を控え、個人投資家による積極的な押し目買いの動きも限られた。なお、売買代金は概算で1889.36億円。騰落数は、値上がり104銘柄、値下がり167銘柄、変わらず13銘柄となった。
 値下がり率上位銘柄では、ASJ<2351>が15%安となったほか、フェニックスバイオ<6190>、ホットリンク<3680>、インパクトHD<6067>などがそれに続いた。売買代金上位では、前述のそーせいが6%安でこの日の取引を終え、エクストリーム<6033>、アンジェス<4563>、窪田製薬ホールディングス<4596>などが軟調であった。一方で、オンコリス<4588>が10%
高となったほか、サンバイオ<4592>やHEROZ<4382>は上昇した。


<SK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »