株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

適度な賃金上昇予想で利下げの可能性低下  4月18日15時28分

 米連邦準備理事会(FRB)が17日に公表した地区連銀経済報告によると、経済活動は3月から4月初めに緩やかなペースで拡大し、いくつかの地区では経済成長がやや強まっていることが確認された。雇用については、大半の地区で技能労働者の不足が報告されており、賃金は全般的に緩やかに上昇していることが指摘された。賃金上昇率が加速するとは言えないものの、平均時給ベースで年率3%台の上昇がこの先もしばらく続くと予想される。このため、インフレ鈍化の可能性は大きく低下し、利下げの必要性についてFRBで議論されることはなくなりそうだ。

<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »