株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(大引け)=187円安、利益確定売り顕在化で6日ぶり反落  4月18日16時00分

 18日の東京株式市場は利益確定売りに押された。朝方は売り買いを交錯させていたが、前場中ごろから下げ基調を強め、日経平均の下げ幅は一時200円を超えた。

 大引けの日経平均株価は前営業日比187円85銭安の2万2090円12銭と6日ぶり反落。東証1部の売買高概算は11億8826万株、売買代金概算は2兆2288億3000万円。値上がり銘柄数は192、値下がり銘柄数は1907、変わらずは42銘柄だった。

 きょうの東京市場は、前日の米国株市場が上昇一服ムードとなったことで、これまで潜在していた利益確定の売り圧力が表面化した。前日まで日経平均は5日続伸でこの間に株価水準を600円近く上昇させていたこともあり、その反動が出た形。週末に米国や欧州、アジアの主要市場が休場となることから、海外投資家の持ち高調整の売り圧力も反映された。取引時間中は外国為替市場でドル安・円高に推移したことや、中国、香港、韓国などアジア株が総じて安かったことも買いを手控えさせた。業種別では自動車株がしっかりだったものの、33業種中30業種が値を下げ、特に医薬品株の下げが大きく全体地合い悪を助長した。値下がり銘柄数は1900を超え、全体の9割の銘柄が下落する全面安商状だった。

 個別では、ソフトバンクグループ<9984.T>、任天堂<7974.T>などが安く、武田薬品工業<4502.T>も値を下げた。ソニー<6758.T>、キヤノン<7751.T>も下落した。かんぽ生命保険<7181.T>の下値模索が続き、JT<2914.T>も冴えない。ベクトル<6058.T>、メガチップス<6875.T>が大幅安、いちご<2337.T>の下げも目立った。ネオス<3627.T>が水準を切り下げ、千代田化工建設<6366.T>も利益確定売りが継続した。enish<3667.T>も安い。

 半面、商いを伴いファーストリテイリング<9983.T>の上値追いが続いている。楽天<4755.T>も堅調。キーエンス<6861.T>、デンソー<6902.T>が高く、トヨタ自動車<7203.T>も買いが優勢だった。JVCケンウッド<6632.T>、TOKYO BASE<3415.T>が急伸、ウエルシアホールディングス<3141.T>も活況高となった。日亜鋼業<5658.T>、アイシン精機<7259.T>なども上昇した。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
トヨタ、SUBARUなど年初来高値更新、日米間の初会合通過で空売り買い戻し進む◇
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」4位に楽天
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で下げ幅拡大


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »