株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

金融庁、仮想通貨交換業者にコールドウォレット管理の社内規則徹底を求める【フィスコ・ビットコインニュース】  4月18日15時05分

金融庁は仮想通貨交換業者に対し、コールドウォレット(インターネットと接続せずに仮想通貨を保管する場所)で仮想通貨を管理する際の社内規則を徹底するよう求めたことが、16日のロイターの報道により明らかとなった。

報道によれば、金融庁は、昨年起こった仮想通貨取引所コインチェックやZaifからの不正流出がホットウォレットで管理していたものであったことを受けて、これまでホットウォレット(インターネットに接続して仮想通貨を保管する場所)で管理する仮想通貨の制限や、秘密鍵の徹底した管理を求めていたという。

しかし、その結果コールドウォレットで管理する仮想通貨が増えたために、内部者による不正引き出しのリスクが浮上したようだ。金融庁が業者を調査したところ、担当者を定期的に交代させるなどのルールが作られていなかったことが判明し、内部者による不正などを防ぐため、問題があった業者に改善を求めると報じられている。

また、同庁は仮想通貨交換業協会に対し、速やかな情報開示体制の確立についても促したようだ。




<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「ビットコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »