株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

神田通機の19年3月期営業利益は計画を上回って着地  4月19日16時48分

 神田通信機<1992.T>がこの日の取引終了後、集計中の19年3月期連結業績について、営業利益が1億2000万円から2億円(前の期比25.8%増)へ、純利益が1億円から2億8000万円(同85.4%増)へ修正した。

 照明制御事業が計画を下回って推移したことから、売上高は65億円から62億2000万円(同6.3%増)へ下振れたものの、予定していた設備投資などにかかる費用が2020年3月期にずれ込んだことから利益は上振れたという。また、法人税等調整額を計上することも最終利益を押し上げたとしている。

 なお、業績予想の修正に伴い、従来50円を予定していた期末一括配当を10円増額して60円にした。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
19日中国・上海総合指数=終値3270.7973(+20.5961)
<個人投資家の予想> 04月19日 16時
NSWの19年3月期業績は計画上振れる


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »