株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

精養軒<9734>のフィスコ二期業績予想  5月06日20時00分

※この業績予想は2019年4月11日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

精養軒<9734>

3ヶ月後
予想株価
1,000円

明治5年創業の老舗西洋料理店。上野本店は宴会場と結婚式場を備える。大株主の三井不動産の知見を得て不動産の有効活用を推進。25.2期以降に経常益2億円を目指す。19.1期は12年ぶりに営業益が1億円を突破。

20.1期は新店効果が一巡のレストランは横ばい程度か。宴会、婚礼は営業強化や広告積極化によって上向く。不動産賃貸収入は安定。人材育成費用こなし、営業益続伸へ。税通常化。株価は妥当な水準と見て横ばいを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
20.1単/F予/3,450/140/160/120/46.14/8.00
21.1単/F予/3,480/160/180/125/48.07/8.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/04/11
執筆者:JK


<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »