株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は6日ぶり大幅反落、米中協議先行き懸念が一層高まる、JIAは急落  5月08日16時04分

 本日のマザーズ指数は6日ぶり大幅反落となった。前日の米国株式市場にて、10日からの対中関税引き上げをライトハイザー通商代表部(USTR)代表が再確認したことで、米中通商協議の先行き懸念が一層高まったことから、朝方のマザーズ市場は売りが先行した。その後は、好業績銘柄や材料株の一角への物色はみられたものの、個人投資家によるセンチメント悪化を受け、時価総額上位銘柄が揃ってさえない動きとなった。なお、マザーズ市場の売買代金は概算で944.05億円。騰落数は、値上がり88銘柄、値下がり184銘柄、変わらず11銘柄となった。
 個別では、JIA<7172>が16%安となり、値下がり率トップになったほか、カオナビ<4435>
やハウテレビジョン<7064>といった直近IPO銘柄が値下がり上位に並んだ。売買代金上位では、オンコリス<4588>、アンジェス<4563>、そーせい<4565>、シノプス<4428>、窪田製薬ホールディングス<4596>が軟調であった。一方で、トビラシステムズ<4441>、日本ホスピス<7061>、チームスピリット<4397>、シルバーライフ<9262>、マネーフォワード<3994>、ファンデリー<3137>は上昇した。


<SK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »