株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=大幅続落、円高とアジア株安が下げを助長  5月08日11時43分

 8日前引けの日経平均株価は前営業日比339円46銭安の2万1584円26銭と大幅続落。前場の東証1部の売買高概算は7億430万株、売買代金概算は1兆2754億5000万円。値上がり銘柄数は286、対して値下がり銘柄数は1798、変わらずは55銘柄だった。

 きょう前場の東京市場は前日の米株急落を引き継ぎリスク回避の売り圧力が強まった。日経平均は朝方に大きく水準を切り下げてスタートした後も安値圏で売り物をこなす展開に終始し、前場中ごろには380円安近くまで下げ幅を広げる場面があった。米中摩擦への懸念から機関投資家が買いポジションを減らす動きが観測され、中国・上海株をはじめアジア株市場が総じて軟調に推移していることもあって押し目買いの動きは限定的だった。外国為替市場では1ドル=110円を下回る水準まで円高が進み、主力輸出株中心に買い手控え感を助長している。

 個別ではトヨタ自動車<7203.T>が安く、武田薬品工業<4502.T>も売られた。コマツ<6301.T>、キーエンス<6861.T>が値を下げ、SUMCO<3436.T>も下落。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>も下値を探った。ニチアス<5393.T>、スミダコーポレーション<6817.T>は大幅安。半面、ZOZO<3092.T>が大商いのなか上値追い。東海カーボン<5301.T>もしっかり。いであ<9768.T>は一時ストップ高に買われる人気となった。シュッピン<3179.T>も活況高。イーブックイニシアティブジャパン<3658.T>、シグマクシス<6088.T>が値を飛ばし、アイフル<8515.T>も物色人気に。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
ZOZOが続急伸、今期V字回復見通しのなか信用倍率0.5倍で買い戻し誘発
三菱UFJの下値模索続く、日銀の金融緩和姿勢継続で売り圧力高まる
シュッピンは11%超の逆行高、今期増収増益見込みで強気の中期計画も評価


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »