株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:ソフトバンクや富士フイルムに注目  5月10日14時00分

9日の米国市場では、NYダウが138.97ドル安の25828.36、ナスダック総合指数が32.73pt安の7910.59と下げ、シカゴ日経225先物も大阪日中比55円安の21325円と緩んだ。10日早朝の為替は1ドル=109円台後半と、9日大引け時点に比べ20銭程度の円高。本日の東京市場は米中貿易摩擦の深刻化とそれに起因する円高を嫌気して、昨日に下落した電機や海運、素材などを中心に売りが継続しよう。コマツ<6301>、ファナック<6954>、村田製<6981>など中国関連株とされる大型株を中心に値下がりが予想されるが、取引時間中に米中協議の好転に繋がるニュースフローが出てくれば、これら中国関連株を中心に急速に買い戻されて反騰に向かう可能性がある。一方で、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたトクヤマ<4043>、三洋化成<4471>、OLC<4661>、富士フイルム<4901>、ディスコ<6146>、ネットワン<7518>、ソフトバンク<9434>、SBI<8473>、JR西日本<9021>などに注目。

(9:00作成)

<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »