株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2大東建託、AKIBA、Amaziaなど  5月10日07時32分

銘柄名<コード>⇒7日終値⇒前日比

大東建託<1878> 13415 -1185
4月の受注大幅減少や野村證券の格下げなどをマイナス視。

コロワイド<7616> 2114 -130
前期業績予想を下方修正している。

ペッパーフードサービス<3053> 2025 -143
月次発表も迫り信用買い方の手じまい優勢か。

インターアクション<7725> 1661 -130
リバウンド一巡感から手仕舞い売りが続く。

アウトソーシング<2427> 1289 -127
第1四半期最終益は半減に。

ダブル・スコープ<6619> 1580 -120
第1四半期決算発表控えて手仕舞い売り優勢か。

日本エスコン<8892> 717 -65
第1四半期2ケタ増益も上半期計画から想定線と。

三菱UFJ<8306> 526.1 -10.2
米長期金利上昇も地合い悪化に押される。

ZOZO<3092> 2124 -149
8日はドイツ証券格上げで上昇も。

楽天<4755> 1121 -80
ソフトバンクのヤフー子会社化も競争激化懸念に。

SUMCO<3436> 1314 -16
決算サプライズなく安心感も。

東京電力HD<9501> 576 -29
600円レベルの支持線割れで処分売り優勢に。

双日<2768> 362 -10
8日は決算好感で下げ渋る動きとなったが。

トヨタ自動車<7203> 6545 -214
自社株買い発表による出尽くし感なども。

伊藤忠商事<8001> 1923 -25
非鉄金属市況軟化は商社株のマイナス材料に。

ファナック<6954> 19000 -655
米中貿易協議の行方警戒で買い手控え。

ホンダ<7267> 2849.5 -140.0
今期見通しはコンセンサス下振れで貿易協議への懸念も。

富士フイルム<4901> 5167 +116
想定以上に好調な業績推移を評価。

KHC<1451> 775 +77
増益転換見通しや連続増配を好感。

青山財<8929> 1579 -121
第1四半期大幅増益決算だが出尽くし感優勢。

アスカネット<2438> 1589 +68
空中結像を可能にする樹脂製ASKA3Dプレートで第1段階の量産化。

和井田<6158> 1542 +2
19年3月期の営業利益予想を19.73億円に上方修正、年間配当43円に増額。

ポラテクノ<4239> 541 +1
薄型で耐熱性高いインセル用偏光子を開発で買い先行も。

AKIBA<6840> 3315 +504
19年3月期の営業利益予想を4.20億円に上方修正、HPC事業で受注伸びる。

Amazia<4424> 4490 +700
19年9月期第2四半期の営業利益1.80億円、進捗率60%。

リンクバル<6046> 803 -150
19年9月期第2四半期の営業利益82.0%増も売上高は会社計画下回る。

タカギセイコー<4242> 3855 +195
19年3月期の営業利益予想を22.60億円に上方修正。

エンバイオHD<6092> 649 +53
19年3月期の営業利益予想を6.33億円に上方修正。

串カツ田中<3547> 2654 -486
4月の既存店売上高は前年同月比8.3%減。

協立電機<6874> 2501 +55
19年6月期の営業利益予想を22.00億円に上方修正。





<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »