株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1日立キャピ、ニホンフラッシュ、日本ユニシスなど  5月13日07時15分

銘柄名<コード>10日終値⇒前日比

旭化成<3407> 1112.5 -4
上限1200万株の自社株買いと消却発表で一時大幅高。

日立キャピ<8586> 2291 -265
19年3月期決算の発表を延期。

レンゴー<3941> 950 +21
20年3月期の営業利益は前期比38.4%増の350億円見込む。記念配当を実施。

大成建<1801> 4835 +185
上限830万株の自社株買いと増配を発表。

ニホンフラッシュ<7820> 2510 +500
大幅増益での連続最高益更新見通しを好感。

ヴィンクス<3784> 1270 +209
上半期業績上方修正に関心が向かう。

ディー・エル・イー<3686> 154 +28
決算発表控えて買い戻しが優勢か。

富士ソフト<9749> 4070 +700
第1四半期の大幅増益決算を好材料視へ。

日本ユニシス<8056> 3280 +484
前期業績の上振れ着地に評価高まる。

ダブル・スコープ<6619> 1750 +170
セパレーターの長期供給契約合意が材料視される。

ケーズホールディングス<8282> 1111 +150
連続最高益更新見通しが買い材料視される。

MS&Consulting<6555> 1110 +91
今期の2ケタ営業増益見通しが好感される。

ゴールドクレスト<8871> 1633 +201
今期の経常2ケタ増益転換見通しや増配計画を評価。

日信工業<7230> 1467 +149
前期の黒字転換や今期の増益見通しで買い安心感。

FJネクスト<8935> 963 +85
連続増益や増配見通しによる利回り妙味の高まりで。

市光工業<7244> 650 +49
ヴァレオがトヨタ保有の全株式を取得と伝わる。

東芝機械<6104> 2480 +203
今期の収益回復見通しを受けて安心感が強まる。

コスモエネルギーホールディングス<5021> 2295 +192
前期の配当引き上げで利回り妙味強まる展開。

ユナイテッドアローズ<7606> 3650 +210
今期の増益ガイダンスに安心感が強まる。

三井金属鉱業<5706> 2608 +138
今期の大幅営業増益見通しを評価材料視。

デジタルガレージ<4819> 3260 +205
9日に業績予想の上方修正を発表。

レオパレス21<8848> 222 +16
業績下方修正発表も目先のあく抜け感につながる。

ソウルドアウト<6553> 3200 -700
第1四半期大幅減益がネガティブサプライズに。

元気寿司<9828> 3135 -685
引き続き今期の大幅減益見通しなどを嫌気で。

武蔵精密工業<7220> 1341 -204
一過性要因もあって市場予想を下回る着地に。

三井E&Sホールディングス<7003> 851 -140
追加費用発生で業績予想を下方修正。

ヨロズ<7294> 1363 -220
今期は3割超の営業減益見通しとなり。

三菱自動車<7211> 507 -81
今期業績見通しは市場予想を大幅に下回る。

ヨシックス<3221> 2601 -321
今期増益率鈍化見通しなどマイナス視か。

テクマトリックス<3762> 1722 -230
前期は連続2ケタ増益も今期は増益率鈍化見通し。

東海カーボン<5301> 1145 -132
業績予想下方修正でモメンタムの転換を意識も。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »