株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

エンカレッジは急反落、販管費膨らみ19年3月期は営業利益29%減予想へ  5月13日14時38分

 エンカレッジ・テクノロジ<3682.T>は急反落している年初来安値を更新。10日の取引終了後に発表した20年3月期の業績予想で、売上高23億円(前期比1.4%増)、営業利益4億円(同29.1%減)、純利益3億1000万円(同23.9%減)と大幅減益を見込んでいることが嫌気されている。

 主力のパッケージソフトウェア事業が牽引役となり売上高は増収を確保する見通し。ただ、前期に公共向けライセンス売り上げの大型案件があった反動で増収率が小幅にとどまることに加えて、研究開発の加速や営業部門の増強による販管費の増加が利益を圧迫する見通しだ。

 なお、19年3月期決算は、売上高22億6800万円(前の期比19.5%増)、営業利益5億6400万円(同38.2%増)、純利益4億700万円(同40.2%増)だった。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 05月13日 14時
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」1位に環境管理
丸全昭和運輸は一段高、第7次中期経営計画の経営目標を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »