株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米ポロニエックス、米国ユーザーに対し、9通貨の取り扱いを停止【フィスコ・アルトコインニュース】  5月17日16時48分

米仮想通貨取引所のポロニエックスは17日、米国を拠点とするユーザーに対し、5月29日より9つの仮想通貨の取り扱いを停止すると発表した。なお、米国外のユーザーは引き続き取引可能としている。

取り扱いを停止する通貨は、アーダー(ARDR)、バイトコイン(BCN)、ディークレッド(DCR)、ゲームクレジット(GAME)、ガス(GAS)、リスク(LSK)、ネクスト(NXT)、オムニ(OMNI)、オーガー(REP)の9通貨。同社はこれらの通貨について、米国の規制当局が有価証券とみなす可能性があるとして、停止の目的を「米国市場における規制が不明確であるため」と述べている。

同社は「これらの資産の力と可能性を信じている。そして、米国と世界中の暗号資産のための積極的な政策と規制の発展を支援することに時間と労力を費やし続けるだろう」とコメントしている。




<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「アルトコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »