株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興市場銘柄ダイジェスト:プロレドが大幅反発、イオレは年初来高値更新  5月20日15時25分

<7781> 平山 2890 +371
急騰。6月30日(実質的には6月28日)を基準日に1株につき2株の割合で分割すると発表している。効力発生日は7月1日。株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図る。また、19年6月期の年間配当を従来予想の58.00円から60.00円(前期実績50.00円)に増額修正した。このほか、グレイステクノロジー<6541>と同社のクラウドサービスの販売に関する代理店契約を締結したことを明らかにしている。


<2334> イオレ 2069 +270
急騰で年初来高値更新。20年3月期の営業利益予想を前期比112.9%増の1.66億円と発表。「pinpoint及びその他運用型広告」の営業に注力し、OEM代理店や求人広告代理店とのパートナーシップを強化する。19年3月期の営業利益は販管費の増加が響き、53.8%減の0.78億円で着地。また、「売上高20%以上伸長の維持、営業利益率15%を目指す」とする中期展望及び事業に関する説明資料を公表。


<2782> セリア 2797 -193
急落で年初来安値更新。SMBC日興証券が投資判断を「1」から「2」に、目標株価を4800円から3300円に引き下げ。同証券は「SSS(既存店売上高)回復見られず、人件費増等により営業利益率低下」などと指摘。みずほ証券も「中立」を維持する一方、目標株価を4000円から2800円に引き下げた。17日には野村証券も「Neutral」を継続した上で目標株価を3500円から3300円に引き下げていた。


<1383> ベルグアース 2181 +109
大幅続伸。ウシオ電機<6925>と共同研究を開始すると発表している。「密閉式人工光育苗装置」や育苗に利用する補光用照明の照明方法の開発、これらの装置を用いた育苗レシピの開発を共同して行う。また、サカタのタネ<1377>の100%子会社の長野セルトップから花苗育苗事業を譲り受ける。譲受価格は0.6億円。共同研究や事業譲り受けが将来の利益向上につながるとの期待から、買いが集まっている。


<7034> プロレド 11470 +900
大幅反発。6月11日を基準日として、1株を2株の割合で分割すると発表している。株式の流動性向上と投資家層の拡大を図ることが目的。株式分割に伴い、定款を変更して発行可能株式数を400万株から800万株に増やす。株式分割が好感されていることに加え、株価が4月17日に年初来高値(1万2630円)を付けてから軟調に推移していたことも買いやすさにつながっているようだ。


<4393> バンクオブイノベ 1510 -3
買い先行もマイナス転換。中国の上海東方明珠迪爾希文化伝媒有限公司とスマートフォンゲーム「ミトラスフィア-MITRASPHERE-」及び同「幻獣契約クリプトラクト」の台湾・香港・マカオでの配信を前提とした独占ライセンス契約を締結したと発表している。いずれもパブリッシャーはNetEase Groupで、配信開始時期は19年9月期第4四半期以降を予定している。なお、株価は朝高後、上げ幅を縮めている。


<2329> 東北新社 590 +5
3日続伸。20年3月期の営業利益予想を前期比55.3%増の25.49億円と発表している。デジタルプロダクション部門の損失が縮小するほか、プロパティで「牙狼」関連の売上が計上され、利益を押し上げる見込み。同時に発表した19年3月期の営業利益は41.2%減の16.41億円で着地した。広告プロダクションやコンテンツプロダクションが低調だった。




<DM>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »