株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

GMOリサーチ---1Qは営業利益が2.9%増、D.I.Yサービスの利用頻度が増加し増収  5月20日18時20分

GMOリサーチ<3695>は8日、2019年12月期第1四半期(2019年1-3月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比4.4%増の8.07億円、営業利益が同2.9%増の0.57億円、経常利益が同43.4%増の0.56億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同42.1%増の0.40億円となった。海外のD.I.Yサービスが伸び増収、粗利率が好転し増益となった。

アウトソーシングサービスの売上高は前年同期比1.7%減の5.83億円となった。2018年末の駆け込み受注の反動により、調査案件受託本数が低下した。

D.I.Yサービスの売上高は前年同期比33.0%増の2.21億円となった。サービスの浸透により利用頻度が増加した。

その他サービスの売上高は前年同期比85.8%減の0.01億円となった。

2019年12月通期の連結業績予想については、売上高が前期比15.0%増の36.64億円、営業利益が同31.1%増の3.26億円、経常利益が同28.3%増の3.07億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同40.7%増の2.08億円とする期初計画を据え置いている。



<MH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »