株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=日揮、今期業績を底に回復へ  5月20日10時01分

 日揮<1963.T>に注目したい。同社はプラント最大手。20年3月期連結純利益は前期比58%減の100億円の減益見通し。カナダの液化天然ガス(LNG)プラント工事の収益が来期にずれ込むことが響く。ただ、市場には今期業績がボトムになるとの観測が出ている。今期の受注予想は8000億円と過去最高(9354億円)だった前期に続く高水準であり、この受注が来期以降の業績に寄与することが見込まれている。

 市場には今3月期の純利益は180億円前後への増額観測が出ているほか、21年3月期は370億円前後へ拡大するとの予想も出ている。足もとで原油価格が強含みで推移していることも追い風で株価も中期上昇が狙える。(地和) 

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
地域新聞社は連日のストップ高、東証が20日から日々公表銘柄指定を解除
極楽湯は続落、一部店舗で客数が想定下回り19年3月期業績は計画下振れ
サイバネットシステムが上値追い加速、オリンパスと連携し「AI診断」の先駆け銘柄として脚光◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »