株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

資生堂、MTGなど物色人気、インバウンド需要期待による見直し買い◇  5月22日13時42分

 資生堂<4911.T>、ポーラ・オルビスホールディングス<4927.T>やコーセー<4922.T>などの化粧品株が軒並みに反発したほか、MTG<7806.T>が一時5.9%の大幅高、ラオックス<8202.T>が4日続伸となるなどインバウンド関連銘柄に物色人気となっている。貿易摩擦問題への懸念は残るものの、美容関連・免税に対するインバウンド需要は高水準が続いている状況にあり、同関連銘柄は目先買い戻す動きが優勢となった。

 日本政府観光局が21日に公表した訪日外客統計では、4月の訪日外客数のうち、国別では最も多い中国は、前年同月比6.3%増の72万6100人と過去最高となった。中国人をはじめとする訪日外国人によるインバウンド需要は引き続き期待が持てる状況で見直し買いが流入しているようだ。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
債券:20年債入札、テールは5銭で応札倍率5.47倍
元気寿司が大幅反発、国内大手証券が目標株価引き下げも「バイ」継続
<個人投資家の予想> 05月22日 13時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »