株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

NJSが反発、関西電力などとドローンを活用した水力発電所鉄管の点検で業務提携◇  5月27日10時16分

 NJS<2325.T>が反発し年初来高値を更新している。前週末24日の取引終了後、関西電力<9503.T>及び環境総合テクノス(大阪市中央区)と業務提携し、国内外の水力発電所鉄管におけるドローンを活用した点検事業への参入を目指すと発表したことが好感されている。

 NJSが開発した、下水道内などの水平な閉鎖的空間で点検できるドローンを改良し、関西電力の水力発電所で実証試験を実施した結果、傾斜のある鉄管内部の鮮明な画像を取得することに成功したことから、今回の提携に至ったという。また、関西電力で活用するだけではなく、国内外でより高品質・廉価な点検サービスを提供するため、鉄管ほかの構造物の点検・調査・診断業務にノウハウを有する環境総合テクノスの3社での提携となったとしている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
◎午前10時現在の値上がり値下がり銘柄数
コアが大幅高、提案型ソリューションビジネスで利益成長力確保
住友大阪が8日ぶり反落、国内大手証券は「2」へ引き下げ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »