株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「メキシコ関連」が15位にランクイン、米政権の追加関税による影響警戒<注目テーマ>  6月03日12時21分

★人気テーマ・ベスト10
1 レアアース
2 5G
3 人工知能
4 レアメタル
5 FPGA
6 電線地中化
7 脱プラスチック
8 エッジコンピューティング
9 量子コンピューター
10 TOPIXコア30

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「メキシコ関連」が15位にランキングされている。

 トランプ米政権は、6月10日からメキシコからの全ての輸入品に対して5%の追加関税を課すと発表した。同国に対して不法移民対策を促すもので、今後の対応次第で米国は関税を最大25%まで引き上げる。この発表を受け、貿易摩擦が拡大することが懸念され、世界的な株安の要因となっている。メキシコは米国に向けた自動車の生産拠点となっていることから、トヨタ自動車<7203.T>や日産自動車<7201.T>、マツダ<7261.T>などへの影響が懸念され株価は下落している。同じく自動車関連ではメキシコに拠点を持つブリヂストン<5108.T>やショーワ<7274.T>やセーレン<3569.T>などの動向も注目されている。同国で高シェアを誇るカップ麺の東洋水産<2875.T>や同じく高い人気を誇るヤクルト本社<2267.T>などへの影響も警戒されている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=米株安と円高、中国株安など受けリスク回避ムード続く
トヨタが4日続落、貿易摩擦問題を背景とした景気減速懸念に円高が追い打ち
午前:債券サマリー 先物小幅続伸、米国利下げ観測を受け堅調


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »