株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ゼネパッカーは大幅反落、第3四半期営業利益3.6倍も通期増額修正なく失望売り  6月04日09時32分

 ゼネラルパッカー<6267.T>は大幅反落している。3日の取引終了後に発表した第3四半期累計(18年8月~19年4月)連結決算は、売上高55億9100万円(前年同期比19.5%増)、営業利益5億4400万円(同3.6倍)、純利益3億7600万円(同3.4倍)と大幅増益となったものの、期待されていた通期予想の上方修正がなかったことから、失望売りが出ているようだ。

 第3四半期業績は、包装機械事業で海外向け給袋自動包装機や国内向け製袋自動包装機の販売が伸びたことに加えて、生産機械事業で大型プラント案件の販売実績が増加したことが貢献。また、包装機械事業で売上総利益率が改善したことも寄与した。

 なお、19年7月期通期業績予想は、売上高83億円(前期比16.9%増)、営業利益5億9600万円(同60.2%増)、純利益4億2000万円(同61.3%増)を見込んでいる。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
ゼネパッカーの第3四半期業績は営業利益が3.6倍
マツモトは小動き、19年4月期業績は計画下振れも反応限定的
インスペックが急反騰、19年4月期営業利益は計画上振れで着地


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »