株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

セリアが急反落し4年半ぶり安値圏、5月既存店売上高は前年比1.3%減を嫌気  6月06日10時20分

 セリア<2782.T>が急反落。株価は一時、2500円台を割り込み株式分割を考慮した実質ベースで15年12月以来、4年半ぶりの水準に売られた。5日引け後に発表された5月度の既存売上高は前年同月比で1.3%減と、4月の2.8%減に続きと前年割れとなった。新規店舗を含めた全社ベース売上高も同5.0%増にとどまり、会社側が打ち出している20年3月期売上高計画の同7.3%増に対する未達が懸念され、失望売りが出ているようだ。中部地方を軸に100円ショップを全国展開する同社は、高い商品開発力や積極的な店舗展開で業績を拡大してきたが、最近ではその成長戦略に陰りが見えていることが懸念されている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
<06月05日の年初来安値更新銘柄> 06月06日
◎午前10時現在の値上がり値下がり銘柄数
NSWは連日の新高値、5G時代に画像AI技術の開花期待


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »