株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:ヤフーやオリンパスに注目  6月10日09時09分

先週末7日の米国市場では、NYダウが263.28ドル高の25983.94、ナスダック総合指数が126.55pt高の7742.10と大幅上伸し、シカゴ日経225先物も大阪日中比115円高の21035と節目の21000円を回復した。10日早朝の為替は1ドル=108円50銭台と、7日大引け時点より約10銭の円安。本日の東京市場は米国株に連れ高したシカゴ225先物にサヤ寄せし、任天堂<7974>、ソフトバンクG<9984>といった米国株との連動性が強い高流動性銘柄に加え、ソニー<6758>、村田製<6981>、東エレク<8035>といった電機セクターの大型銘柄を中心に買いが先行しよう。ただ、三菱UFJ<8306>や第一生命HD<8750>といった大手金融株は地合い改善と米長期金利低下の綱引きとなり、上値は重そうだ。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたアカツキ<3932>、ヤフー<4689>、TOYO<5105>、オリンパス<7733>、日立ハイテク<8036>、菱地所<8802> などに注目。

<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »