株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

スペースバリューが後場マイナスに転じる、未開示としていた20年3月期は27%営業減益予想  6月10日13時24分

 スペースバリューホールディングス<1448.T>が後場マイナスに転じる。午後1時ごろ、未開示としていた20年3月期の業績・配当予想を発表し、売上高860億円(前期比0.4%増)、営業利益31億円(同26.7%減)、純利益21億円(同8.0倍)と営業減益を見込み、年間配当予想を前期比1円減の25円にしたことが嫌気されている。

 前期に発覚した不適切な会計処理に伴い、再発防止策におけるコンプライアンス体制整備などの諸施策にかかる費用が不明だったことから未開示としていたが、これを織り込んだ業績見通しが確定したことから発表に至ったようだ。

 これを受けて、株価はいったん予想発表を好感し急上昇したものの、減益・減配予想であることからマイナスに転じた。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数
トミタ電機は大幅安、工場稼働率の低下など響き第1四半期は営業赤字で着地
INESTは一時18%高、子会社の株式譲渡を評価


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »