株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ティーガイアが反発、AI・IoTソリューションのバカンと資本・業務提携  6月12日10時09分

 ティーガイア<3738.T>が反発している。11日の取引終了後、小売・商業施設運営事業向けにAI・IoTソリューションを展開しているスタートアップ企業のバカン(東京都新宿区)と資本・業務提携したと発表しており、これを好感した買いが入っている。

 バカンは、AI・IoTを活用して、カメラやセンサーでレストランやカフェ、トイレの空席や行列などの混雑状況を自動検知し、デジタルサイネージやスマートフォンに配信するサービスを展開。今回の資本・業務提携によりティーガイアは、バカンのサービスを導入工事からネットワーク保守・管理まで顧客のニーズに応じた形で提供するとしている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
<注目銘柄>=コナミHD、安定的な業績拡大を再評価
ネオジャパンが急反落、原価高や人件費増で第1四半期増収減益
UEXがS高、住商特殊鋼を買収


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »