株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新日建物が商い増勢で新高値視界、業績好調で低金利環境継続の思惑が追い風  6月14日14時14分

 新日本建物<8893.T>が売買高増勢のなか続伸。4%超の上昇で360円まで上値を伸ばし、5月末につけた年初来高値372円も視界に入ってきた。首都圏でマンションや戸建て分譲を手掛けるほか、不動産流動化ビジネスも展開している。20年3月期は売上高が前期比36%増の178億5000万円と急増見込み、営業利益は同7.5%増の17億1000万円を見込むが、低金利環境が継続するなか上振れの可能性を指摘する声も。指標面ではPER5倍台、5.6%前後の配当利回りも注目されている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
TOWは年初来高値更新、19年6月期業績及び配当予想を上方修正
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」5位にウエストHD
エムアップが大幅続伸、子会社がイープラスとチケット公式トレードで協業開始


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »