株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

Cryptocompareの仮想通貨取引所ランキング bitFlyerが最高のAA評価【フィスコ・ビットコインニュース】  6月14日16時09分

仮想通貨データ調査企業「Cryptocompare」の調査で、国内大手取引所bitFlyerが最高のAA評価で世界4位に、同じくAA評価のLiquidが世界5位ランクインしたことが判明した。1位は評価点60.3ポイントの米コインベースが獲得した。

7つのカテゴリーに基づき、独自基準で評価点を算出している。バイナンスはA評価で8位。BITPointは12位、bitbankは16位、コインチェックは18位、 Zaifは19位の順となっている。

クリプトコンペアは英国で仮想通貨データの分析、提供を行う企業で、NasdaqやビットコインETF申請のVanEck社などと、仮想通貨先物取引のデータ提供でも提携を行なっている。

判断基準とビットライセンスの重要性
CryptoCompareはベンチマークの格付け方法を7の基準を元に、判断を行なった。

• 地域の金融規制環境
• 法的登録ステータス、KYC/AMLの整備
• 出資の背景
• 主要人材のキャリア
• 注文板などの取引所システムの構築
• 取引における監視システム
• 各取引所における市場流動性や安定性、水増しの有無など

注目すべきは、金融規制環境や、法的登録ステータスといった基準面だ。上位10の取引所は米国5社、日本2社、韓国1社、イギリス1社、マルタ1社で構成されている点だ。金融規制が最も厳しい水準の米国や日本、韓国は、上位に反映されやすい。

トップ10の中で、最も取得困難とされる「NYビットライセンス」を持つ取引所は計5社、米大手CoinbaseやGeminiのみならず、日本発のbitFlyerもその資格を有している。
なお、bitFlyerは、「法的登録ステータス、KYC/AMLの整備」の項目において、満点の10.0を取得した。

(記事提供:コインポスト)
CoinPost(コインポスト)は、日本最大級の仮想通貨・ブロックチェーン総合情報メディアサイトです。国内外の情報を迅速に捉え、考察も含めたオリジナル記事を配信しています。



<SI>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「ビットコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »