株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ソフトバンク・テクノロジー---テレワーク・デイズ2019に賛同、特別協力団体として参加  6月17日16時13分

ソフトバンク・テクノロジー<4726>は14日、総務省等関係省庁と東京都が実施する「テレワーク・デイズ2019」の取り組みに賛同、特別協力団体として参加することを発表。

同社では2018年よりテレワーク制度を導入。今後も自社ICTサービスを最大限に活用し、社員が働きやすい環境づくりを推進していくとしている。

テレワーク・デイズは、2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけ、働き方改革の国民運動として展開されている、テレワークの実施・推進を図る取り組み。2017年より実施しており、実施開始年(1日のみ実施)は約950団体、6.3万人、2018年(5日間実施)には1,682団体、延べ30万人以上が参加した。2019年は7月22日~9月6日の約1ヶ月間実施される。



<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »