株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は小反落、物色は個別材料株のみに留まる  6月17日16時22分

 本日のマザーズ指数は小反落となった。マザーズ指数は上昇して取引を開始。ただ、買いは広がらず物色は個別材料株のみに留まり、結局は終日狭いレンジ内での横ばい推移となった。なお、マザーズ指数は小反落、売買代金は概算で941.91億円。騰落数は、値上がり123銘柄、値下がり149銘柄、変わらず11銘柄となった。
 個別では、リボミック<4591>がマザーズ売買代金トップにランクイン。滲出型加齢黄斑変性(wetAMD)を適応症としたRBM-007の第1/2a相試験(SUSHI試験)で、ポジティブなトップラインデータ(速報)が得られたとの発表が材料視された。また、モルフォ<3653>は19年10月期第2四半期の決算内容が評価された他、米クアルコムと「Snapdragon」のカメラ機能を強化するための提携を深めていくと発表したことが材料視されストップ高。MSOL<7033>は、自社開発ソフトウェア「PROEVER(プロエバー)」を企業化すると発表し、17%
高。その他、インパクト<6067>、ラクスル<4384>、トビラシステムズ<4441>、UUUM<3990>
などが買われた。一方、20年4月期の営業利益予想を前期比13.4%増の4.89億円と発表したものの、材料出尽くし感が優勢となったスマレジ<4431>が約8%安と急落した他、HEROZ<4382>、そーせい<4565>、ロゼッタ<6182>、サンバイオ<4592>などが売り優勢。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »