株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

プリントネット大幅反落、紙不足で受注制限し上期業績は計画下振れ  6月17日13時46分

 プリントネット<7805.T>は大幅反落している。14日の取引終了後に発表した第2四半期累計(18年11月~19年4月)単独決算が、売上高40億8000万円、営業利益6300万円、純利益3500万円となり、従来予想の営業利益1億1900万円を下回って着地したことが嫌気されている。

 印刷用紙の流通量の減少が予想を上回り、材料を確保することが難しく、受注を制限する商品の数が想定以上であったことが要因としている。また、下期に見込んでいた広告宣伝費の一部を上期に計上したことも響いたという。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
三城HDはしっかり、眼鏡フレーム修理専門会社を子会社化
ネクストウェア動意、米社のAI顔認識ソリューションとの連携機能を開発
<個人投資家の予想> 06月17日 13時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »