株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は大幅続落、注目IPO控え換金売りか、チームスピリットが急落  6月18日16時20分

 18日のマザーズ指数は大幅続落となった。前日の米ハイテク株高を追い風に、テクノロジー関連の多いとされるマザーズ市場は、朝方から底堅い値動きとなった。しかし、寄り付き直後に本日の高値をつけた後は下落基調を辿った。明日のSansan上場を控え、直近IPO銘柄中心に換金売りとみられる動きが目立つ展開となり、個人投資家の様子見姿勢を助長する形になった。なお、売買代金は概算で996.78億円。騰落数は、値上がり58銘柄、値下がり219銘柄、変わらず6銘柄となった。
 値下がり率上位銘柄では、チームスピリット<4397>が14%安になったほか、マネーフォワード<3994>やハウテレビジョン<7064>などが2ケタ下落となった。売買代金上位では、リボミック<4591>、ロゼッタ<6182>、オンコリス<4588>、サンバイオ<4592>、トビラシステムズ<4441>が軟調。一方で、メドピア<6095>が11%高になったほか、そーせい<4565>、HEROZ<4382>、モルフォ<3653>、ラクスル<4384>は堅調であった。


<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »