株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

リクルートHDが反発、人材ビジネス好調で20年3月期も大幅増益が濃厚  6月18日09時43分

 リクルートホールディングス<6098.T>が反発、25日移動平均線をサポートラインに上値指向を継続。きょうはマドを開けて3500円台後半に歩を進め、5月29日につけた3629円の年初来高値更新を視界に捉えている。人材サービス大手で、4月からスタートした「働き方改革関連法」や「改正出入国管理法」の施行では業界トップの総合力で商機を捉えている。特にHRテックによる人材市場開拓や積極的なM&A戦略に期待が大きい。求人情報検索サイト「インディード」も絶好調で収益貢献が続いている。19年3月期は営業利益段階で前の期比16.3%増の2230億9000万円と2ケタ成長を果たしており、20年3月期予想についても会社側は未開示ながら大幅増益が濃厚とみられている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
アイルが反発、7月2日付で東証1部市場に指定へ
アクロデアはしっかり、住友ゴムとセンサー内蔵ゴルフボールの商用化に向け共同開発◇
マーチャントが反発、中国大手医療機関と病院給食事業に関する提携で基本合意


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »