株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

NYの視点:投資家は2019年利下げを予想、6月FOMCでのタカ派色はサプライズに  6月19日07時36分

米連邦準備制度理事会(FRB)はワシントンで18日から19日にかけて連邦公開市場委員会(FOMC)を開催する。FRBはこの会合で、政策金利を据え置くと見られている。しかし、声明で「辛抱強い」との文言を削除し、7月の利下げを示唆すると見られている。今回の会合では同時に、FOMCの最新予測が公表されるほか、パウエル議長の会見も予定されており、さらなる利下げの可能性が示唆されるかどうかに焦点が集まる。7月の利下げがほぼ100%織り込まれているため、何らかのタカ派要因はサプライズとなる。

FOMC開催を控えて経済専門局のCNBCが実施した世論調査によると、回答者の67%が年内の利下げを予想していることが明らかになった。利下げ回数の平均予想は1回。米10年債利回りの予想では年末2.35%で、本年1月調査での予想3.03%から大きく引き下げられた。2020年12月は2.5%で、やはり1月の3.17%を大幅に下回った。

関税による影響では、物価を引き上げる:78%、経済を弱める:89%といずれも半数を上回っている。また、国内総生産(GDP)の成長率を0.2%ポイント引き下げると見ている。

◎CNBC Fed調査

■FRBの2019年の金融政策予想
利下げ:67%
金利据え置き:22%
利上げ:11%

平均的な利下げ回数:1回

■米10年債利回り(現在2.04%)
12月:2.35%(1月3.03%)
2020年12月:2.5%(1月3.17%)

■2019年GDP、CPI見通し
GDP:+2.2%
CPI:1.9%
失業率:3.7%

■関税による影響
関税が物価を引き上げる:78%
経済を弱める:89%
GDP、−0.2%



<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »