株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は3日ぶり反発、注目IPOであるSansanの初値は4760円  6月19日15時34分

 19日のマザーズ指数は3日ぶりの反発となった。18日の米国株式市場で、米中首脳会談の開催意向が示されたことで主要3指数が揃って続伸し、朝方のマザーズ市場にも買いが先行した。寄り付き後に、本日マザーズ市場へと上場した注目ユニコーン銘柄であるSansan<4443>が堅調な出足となった流れから、指数寄与に影響しない同社へと向かったことで、マザーズ指数は一時上げ幅を縮小する場面もあった。その後は、Sansanが上げ幅を拡大するなか、個人投資家のセンチメント改善に繋がり、マザーズ銘柄全般に対する買い戻しの動きも目立つようになった。なお、売買代金は概算で1200.79億円。騰落数は、値上がり191銘柄、値下がり85銘柄、変わらず8銘柄となった。
 値上がり率上位銘柄では、レアジョブ<6096>が18%高となったほか、ソーシャルワイヤー<3929>やアイ・ピー・エス<4390>がストップ高水準まで買い進まれた。売買代金上位では、HEROZ<4382>、オンコリス<4588>、PKSHA<3993>、モルフォ<3653>、ロゼッタ<6182>が上昇した一方で、そーせい<4565>、チームスピリット<4397>、Kudan<4425>、メドピア<6095>は下落した。
 なお、前述したSansanの初値は公開価格を5.8%上回る4760円となり、初値形成時の出来高は167万5600株だった。


<SK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »