株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ先物概況:続伸、米国株高などを反映して買い戻し続く(2019年6月20日)  6月20日16時31分

20日のマザーズ先物は前日比6.0pt高の882.0ptと小幅ながら続伸して終了した。高値は888.0pt、安値は873.0pt、取引高は1274枚。

本日のマザーズ先物は小幅に続伸した。米連邦準備制度理事会(FRB)が年内の利下げ示唆したことを背景にNYダウなどが史上最高値を更新し、日経平均も続伸したことから、投資家心理が改善し、マザーズ先物にも買いが先行して始まった。ただ、PKSHA<3993>やサンバイオ<4592>、ラクスル<4384>といった時価総額上位銘柄の一角が軟調に推移していることから、総じて買いの勢いは鈍く、上値の重い展開だった。市場では「FOMCは想定通りの結果で無難に通過したため、市場の関心は来週末の米中首脳会談に動向に移っている」との声も聞かれ、買い一巡後は再び様子見ムードが広がっていた。
本日のマザーズ市場は、値動きの軽さから値幅取りの動きが強まったアクアライン<6173>
が前日比400円(+24.54%)高の2030円とストップ高まで買われ、イオレ<2334>も前日比331円(+13.41%)高の2800円と大幅に続伸した。また、マーケットE<3135>、ユーザベース<
3966>も上伸した。このほか、本日マザーズ市場に新規上場したピアズ<7066>の初値は、公募・売り出し価格(3620円)比1880円(+51.93%)高の5500円で生まれ、その後は一時6500円ストップ高まで買われた。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »