株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

19日のNY市場は上昇  6月20日06時26分

[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;26504.00;+38.46
Nasdaq;7987.32;+33.44
CME225;21285;+15(大証比)

[NY市場データ]

19日のNY市場は上昇。ダウ平均は38.46ドル高の26504.00、ナスダックは33.44ポイント高の
7987.32で取引を終了した。朝方は、連邦公開市場委員会(FOMC)の発表を午後に控えて小動き。注目のFOMCでは、政策金利は据え置かれたものの、貿易摩擦を巡る先行き不透明感が指摘されたほか、声明文では政策金利の判断において「辛抱強くなる」との文言が削除された。当局者の約半数が利下げを支持していることも示された。利下げ期待からFOMC発表後に株価は上昇した。セクター別では、ヘルスケア機器・サービスや医薬品・バイオテクノロジーが上昇する一方で銀行や耐久消費財・アパレルが下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比15円高の21285円。ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、富士通<6702>、日東電<6988>が小じっかり。半面、トヨタ<7203>、ソニー<6758>、三井住友<8316>、ホンダ<7267>、HOYA<7741>が小安いなど、対東証比較(1ドル108.07円換算)で高安まちまち。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「NY市場・クローズ」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »