株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ハウスコム Research Memo(6):無借金経営。安定した財務基盤を確立  6月20日10時00分

■業績動向

2. 財務状況と経営指標
ハウスコム<3275>の2019年3月期末の総資産残高は512百万円増(前期末比)の9,408百万円となった。そのうち流動資産は451百万円増の6,919百万円であり、主な要因は現預金の増加428百万円である。固定資産は60百万円増の2,488百万円であり、大きな変化はなかった。

負債合計は84百万円減(前期末比)の3,373百万円となった。そのうち流動負債は106百万円減であり、主な要因は賞与引当金123百万円減である。固定負債に大きな変化はなかった。純資産合計が596百万円増(前期末比)の6,034百万円となったのは、繰越利益剰余金の増加621百万円が主な要因である。

経営指標(2019年3月期末)では、流動比率が255.3%、自己資本比率が63.8%と、無借金経営を背景に安全性が非常に高い。将来的には事業領域拡大のためのM&Aも視野に入れており、そのための資本の蓄積が進捗している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)



<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »