株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

三井不、三菱地所など不動産株高い、決定会合を前に業種別値上がり率トップに買われる◇  6月20日09時37分

 三井不動産<8801.T>、三菱地所<8802.T>など大手をはじめ不動産株が買いを集め、業種別値上がり率では33業種中トップとなっている。世界的に金融緩和の流れが強まってきた。前日のFOMCではFRBのハト派姿勢が明確になったほか、きょうの金融政策決定会合でも追加緩和的政策への言及に期待感が募る。有利子負債負担の大きい不動産セクターにとって収益環境に吹く追い風が意識され、目先買いを誘導する格好となっている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 06月20日 09時
ETS・HDは一時8%高と続急伸、5G関連で頭角現し年初来高値更新
三菱UFJや三井住友が軟調、FOMCの利下げ示唆受け長期金利は低下基調◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »