株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

トヨタ、ホンダなど安い、米利下げ思惑を背景としたドル安・円高を嫌気◇  6月20日09時52分

 トヨタ自動車<7203.T>、ホンダ<7267.T>など軟調。前日のFOMCではFRBの政策がハト派寄りに傾いたことが改めて確認され、年内利下げ思惑が強まった。これを受け米国株市場では株高期待を後押ししたが、一方で為替はドル売りの動きを誘発し、ドル・円相場は1ドル=107円台に入る円高方向に振れている。自動車各社の今期想定為替レートは総じて1ドル=110円で設定されており、輸出採算悪化による収益デメリットを警戒する売りが優勢となっている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
東京株式(大引け)=361円高、米株大幅高に追随し切り返し急
<動意株・19日>(大引け)=INEST、レアジョブ、イーエムネットなど
ワイヤレスGは一時6%近く上昇、イスラエル社製の個人向けセキュリティーアプリをリリース


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »