株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

イワキが買い気配、上期経常を一転45%増益・最高益に上方修正  6月20日09時01分

 イワキ <8095> が買い気配でスタート。19日大引け後、19年11月期上期(18年12月-19年5月)の連結経常利益を従来予想の9億円→13.2億円に46.7%上方修正。従来の1.1%減益予想から一転して45.1%増益を見込み、3期連続で上期の最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。

 医薬FC事業で高薬価品の製造量が増加したほか、自社医薬品原料や電子・機能性材料、主力商品の販売が伸びたことが寄与。研究開発費や広告宣伝費が想定を下回ったことに加え、一部の経費が下期に後ろずれしたことも上振れに貢献した。なお、通期の経常利益は従来予想の20億円(前期は20億円)を据え置いた。

株探ニュース

【関連ニュース】
米国市場データ NYダウは38ドル高と3日続伸 (6月19日)
シカゴ日経平均先物 大取終値比 15円高 (6月19日)
本日の【自社株買い】銘柄 (19日大引け後 発表分)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »