株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

TDSEが大幅続伸、独自のAI画像映像解析エンジン利用した社会インフラ向け劣化検知ソリューション提供  6月20日09時22分

 テクノスデータサイエンス・エンジニアリング<7046.T>が大幅続伸している。19日の取引終了後、ディープラーニング技術を活用した人工知能(AI)画像映像解析エンジンを活用した社会インフラ向け劣化検知ソリューションを7月に提供開始すると発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 同社が提供する社会インフラ領域向け劣化検知ソリューションは、橋梁や道路、コンクリート建造物などの画像・映像データを活用し、検査業務の効率化、精度向上を行うためのソリューション。先端のディープラーニング技術を活用した映像・画像を高度かつ迅速に解析できる同社独自のAI画像映像解析エンジン「scorobo for Infrastructure」を採用し、業務の効率化と最適化を目指したソリューションを実現したという。既に大手ゼネコンなど数社から引き合いがあり、同社ではこの3年間で5件、約3億円の売り上げを見込んでいるという。なお、20年3月期業績への影響は軽微としている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
TDSEが独自のAI画像映像解析エンジンを利用した社会インフラ向け劣化検知ソリューションを提供
UACJに買い先行、子会社UACJ銅管の全株式を譲渡へ
三精テクノロジーズは大幅高、新たな中期計画評価で底値離脱鮮明


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »